伊豆市読みもの

修善寺訪問記①

紅葉 伊豆市

修善寺に行き、ステキな紅葉を見ながらのんびり女子旅をしてきましたので、その時の様子をお伝えしたいと思います。

~東京から修善寺まで~
東京から修善寺に向かうには、東京駅→三島駅(新幹線で約40分)+三島駅→修善寺(伊豆箱根鉄道で約35分)のルートで行けます。
個人的には、「伊豆箱根鉄道」がちょっとレトロな雰囲気の車両で、のんびりできて好きです。東京に住んでいると、毎日「満員電車に揺られ、、、」の日々ですが、混雑もなく車窓からゆっくり外の景色を眺めてボーっとできる時間は、心が和みました。と同時に、ガタンコトンと揺られていると「旅感」がして、修善寺到着に向けてワクワク感が高まります。

~素晴らしい紅葉~
訪問したのは11月末の週末。「紅葉」が本当にステキでした。
修善寺には、「修善寺自然公園」「虹の郷」の2つの場所にそれぞれもみじ林があり、なんと、それぞれ約1,000本のもみじがあるそうです。伊豆随一のもみじの群生地とのことで、とにかく上を見上げると、もみじのアーチ。おいしい空気を吸いながら、ゆっくり散策・・・。普段ビルに囲まれた都心に勤務しているので、居るだけで自然と元気が出てきました。富士山もバッチリ、見えました!夜は、紅葉のライトアップもしているようなので、次回はぜひ、見てみたいです!

~伊豆産のしいたけ~
伊豆は温暖で「しいたけ」の栽培に適しているため、静岡県下では主要産地となっており、全国的にも有名とのこと。紅葉を見ながらふらふら歩いていたら、地元の方がしいたけを焼いて販売していたので、初めていただいてみました!以前に地元の方にお話をお聞きした際に、「しいたけは焼いて、お醤油をかけて食べるだけで、ほんとにおいしいよ!」と伺っていたのですが、実際にいただいてみると、ジューシーで本当においしかったです。
ちなみに、しいたけは、丈夫な骨や歯を作る「ビタミンD」や、美肌効果につながる「ビタミン微B1、B2」、血液サラサラになる「エリタデニン」などが含まれているとのことで、「食べてキレイに!元気に!」なれる女性に嬉しい食材です。

「修善寺」ファンですが、まだまだビギナーなので、別の季節にも訪問して、修善寺の魅力をいろいろ見つけていきたいです。

IZU LIFE JOURNAL

IZU LIFE JOURNALとは、伊豆半島の魅力を発信するWEBサイトです。
ユニークなライターと一緒に、伊豆半島の魅力的なヒト・モノ・コトを伝えていきます。

IZU LIFE JOURNALをフォローする
IZU LIFE JOURNAL

コメント

タイトルとURLをコピーしました