伊豆市 読みもの

伊豆を担う地域の一員であるために

伊豆市

伊豆を担う地域の一員であるために

「伊豆に住む人」「伊豆を観光する人」「伊豆に移住する人」そんな伊豆に関わる人をあたたかくサポートしている一人が梅原さん。気取らず、気張らずに「伊豆市民の暮らしを豊かにしたい」という想いが、仕事はもちろん、プライベートの話からも伝わってきます。

梅原さんと奥様(インタビューの途中からご参加)に、地域を盛り上げる取組みや伊豆の暮らしのことを伺いました。

■プロフィール
梅原 教宏さん
伊豆市役所勤務。広報担当のときに、静岡朝日テレビ主催のしずおかふるさとCM大賞で2年連続、グランプリを獲得。平成21年度静岡県広報コンクール広報写真(一枚写真の部)優秀賞受賞。平成23年度全国広報コンクール広報企画の部で読売新聞社賞を受賞。現在は、移住・定住の促進や空き家活用、地域づくり協議会の支援、都市交流などに取り組む。写真好き。

–梅原さんの仕事のことを教えていただけますか

地元の伊豆市役所で働いています。今があるのは、広報担当の部署での経験や人のつながりが大きいですね。当時「広報紙をただつくるだけでは嫌。人と人をつなぐことをしたい」と思っていました。

高齢化が進み、まちの行事も縮小していくなか、平成21年に市長が人口減少危機宣言を発表。市長から「何か出会いの場がつくれないか」と言われたことがきっかけで「婚活事業」を企画。1週間でアイデアを練って予算ゼロでスタート。1か月後には最初のイベントを実施しました。

–すごいスピード感と実行力ですね。

「婚活」という言葉が出始めたときだったので、テレビや新聞、雑誌に幅広く取り上げてもらいました。イベントをきっかけに「i-リーグ」という会員交流サークルをつくり、全国で1200名が登録。地元の人たちの協力もあって、これまでに30回以上のイベントを開催し、伊豆に遊びに来るきっかけをつくれました。報告を受けたものだけでも20組以上の方々が結婚して市内に住んでいます。(※i-リーグは現在、活動休止中)

-現在は、移住の推進も担当されているとお聞きしましたが、伊豆の魅力をどう伝えているんですか

移住希望者は、家族構成も価値観も違うので、相手に合わせた伝え方をしています。人によって「何を求めるか」が大きく違います。先日、話のあった方は、自然環境や子どもの小学校にこだわりがありました。そのときは、少人数の修善寺小学校を紹介したり、子どもが「川が好き」と聞いたので、地元の魚が取れる川を案内したり。 家探しは、所属する消防団員のネットワークも使って、修善寺温泉場の近くに空き家がないか声をかけて探しましたね。

–最近はどんなことをされているんですか。

修善寺地域の消防団の活動をしているんですが、最近は、修善寺温泉場のコミュニティが気になります。若い人がそもそも少ないので、新しい人が入ってこない。たまに若い人がいても、地域の活動にあまり関わりたくない人もいるので誘いにくい。昔のように、消防団の活動に参加するのが「あたりまえ」という感じはないですからね。人によって地域との距離感が違うのは難しいです。

他には仲間と一緒にボランティアで小学生のサマーキャンプを実施したり、イベントをやってみたり。実は役所のなかにいるよりも、地域の人たちと付き合っているほうが長い。周りから直接「こんなことに困っている」という声を聞くと「やらなきゃ」となりますね。話を聞くことでヒントをもらうことが多いです。

–週末や休みのときはどのように過ごしていますか

家事とお酒かな(笑)

田舎なので春から秋は草との闘いです。地域の人たちとお酒を飲んだり、バーベキューをしたり、いろいろと話すのが好き。いきなり宴会から始まるのは少し苦手で、みんなで草刈りをした後とかボランティアや消防団の活動をした後とか、何かをした後に酒を飲むのが好きです。話のネタがあって「これから何をしていきたいか」、「どう解決したらいいか」といった未来のことをみんなと話し合いながら酒を飲むのがいい。

–仕事もプライベートもバイタリティにあふれていますね。梅原さんの熱量の源はどこにあるんですか

田舎なので危機感は強い。「他のまちには負けたくない。」という意地もあるかな。自分は「まず現場」に直接、足を運んで自分の目で見ないとダメ。市役所で座っていても、自分にできることは少ない。人と付き合うことで困りごとが聞けて、具体的なことが実行できるんです。

–地域を盛り上げるために意識していることはありますか

長く続けられるような取り組みをしたい。作物で言えば、コメとか食パンのようなもの。周りが変わっても、大切なものはなくならない。そういう息の長い取り組みをしたいですね。役所の仕事で言えば、担当者が変わるとうまく続けられないことも多い。人が変わっても長く続けられることが大事。

自分たちの年代は、こだわりの強い団塊の世代と、個人の意志が尊重される若い人たちの世代をつなぐ役割がある。先ほどの地域のコミュニティの話もそうですが、若い人たちの意見も聞きながら、自分たちの世代が先頭に立って、判断して実行しないといけない。結局、地域を盛り上げていくには、あきらめないこと。「できる、できない」よりも最後は「やるか、やらないか」が大事。

–これからどんなことをしたいですか

地域の話は、自分も加わり解決できるようになりたいですね。どうやったら解決できるかを考えるのが楽しみ。ただ、実際には、一人でできることは限られている。自分にできることは、地域と市役所の『ハブ』になって、多くの人の困りごとを聞いて、周りの人につなぐこと。これからも、周りの人たちの協力を得ながら、地域の活動をサポートしていきたい。

最後に

同席した奥様の「良い意味で周りを振り回すのがうまいよね」という言葉が印象的でした。梅原さんの話の節々には「地域や社会を今よりも少しでも良くしたい」という想いを感じます。人は少しぐらい問題があっても「波風立てずに」という感じになりがちですが、梅原さんはあえて、そこに波を立てて、周りを巻き込んで課題の解決に取り組んでいます。

SNSを使って気軽に情報発信ができても、信頼できる人にしか相談できないことも多い。気さくで、伊豆を想う気持ちの強い梅原さんには、今後も多くの地域の困りごとが集まってくるように感じました。

まえだかつ

伊豆半島にあこがれる旅好きの方向音痴。旅先ではレンタサイクルでまちを走り回る。旅の書は「深夜特急」。伊豆で暮らし、働く人たちの魅力を発信します。傾聴と問いかけを大切にしたいシニア産業カウンセラー

まえだかつをフォローする
IZU LIFE JOURNAL

コメント

タイトルとURLをコピーしました