伊豆市未分類読みもの

伊豆の「お遍路」-むかし、いま、そしてこれから(1)知識と準備編―

伊豆市

はじめに: 伊豆の「お遍路」とその由来

88ヶ所のお寺を巡礼する「お遍路」の旅。

は奈良時代。讃岐国に勉強、諸芸いづれにも優れ天才といわれた男の子がいました。将来を期待された彼は18になると京の大学に上りますが、やがて学校での勉強に飽き足らなくなってしまいます。思い立った彼は故郷四国に舞い戻り、ひとり修験の旅に出ます。厳しい修行をしながら四国の山野を幾日となく踏み分けたその末に、彼はついに悟りを開きました。そして室戸岬の真っ暗な洞窟で、彼は洞窟の外に広がる無限の空と海にちなみ自らを「空海」と名乗りました。

この世の全てのものは…
若い空海の目に世界はどう映ったのでしょうか…

年後、僧侶となった青年空海は遣唐使として中国にわたり、後に日本に真言密教(真言宗)を伝えます。彼は高僧として名を成した後、高野山で入滅し、朝廷から弘法大師の名を与えられました。この後も空海は人々に数えきれない伝承とともに記憶されました。やがて空海を信奉する人々が若き日の空海が辿った四国の修験地を巡るようになったのが遍路(四国八十八箇所霊場)の始まりといわれています。

時はくだって江戸時代。遍路はそれまでの厳しい修験道や命がけの心願成就(このためお遍路さんはいつ死んでもよいように白装束姿で旅するといわれます)だけではなくなります。お金に余裕のある人たちによる,「お伊勢参り」のような観光も兼ねたお遍路の新しいスタイルが生まれてきたのです。そんな広がりの中で,四国以外の地でも空海伝説と結びついた「88ヶ所礼所」が開かれるようになりました。この流れで弘法大師伝説の地である伊豆にも「お遍路」が誕生したといわれています。このことについて、伊豆霊場振興会4代目会長の遠藤貴光さんは、とあるインタビューで以下のように述べています。

「伊豆八十八ヶ所霊場の歴史は長く、確認できたもっとも古いもので173年前までさかのぼります。弘法大師ゆかりの地・二十一番札所龍澤寺には『伊豆八十八ヶ所参拝』と彫られている石碑があり、これが173年前のものなのです。昭和のはじめに一度は消えかけましたが、昭和40年代に明治時代の納経帳が見つかったことで復興が始まりました。明治時代の木版や石碑なども見つかり、昭和50年に伊豆観光霊跡振興会(伊豆霊場振興会)を発足。『伊豆88ヶ所霊場めぐり』の本を発行するなど、認知を広めるために少しずつ活動を重ねてきました」

引用元:静岡県労働雇用政策課HP :伊豆にもお遍路があるんです!伊豆88遍路の旅のすすめ | ふじのくにパスポート (fujinokuni-passport.com) (最終閲覧日2021年5月27日)

このように、伊豆の「お遍路」は古くから開け,その後紆余曲折を経て近年は地元の人々による観光振興と結びついた形で往時の姿を取り戻そうとしていることがわかります。

「お遍路」を体験するには: 知っておきたいあれこれと準備 

て,ここまで伊豆の「お遍路」の歴史を見てきましたが,実際にお遍路体験するにはどうしたらよいのでしょうか。お遍路するにあたってまず思い浮かぶのは、88ヶ所のお寺がどこにあるのか,どういう順番で回るのか,何日くらいかかるのか、必要な道具や作法はあるのか,などといった点かと思います。

伊豆八十八ヶ所札場分布図
(東海バス案内パンフレットより)

ネットで「伊豆 お遍路」「伊豆八十八ヶ所」などと検索すれば,伊豆の「お遍路」についてのいろいろな情報が手に入ります。その中には実際にお遍路をした方の旅行記やブログなどもあり、それらは読み物としても面白いものがあります。でも,お遍路を知るためのコンサイスな情報源としては、先ほどの伊豆霊場振興会と上述の遠藤さんが運営するサイトが一番便利だと思います。

納経帳。上記伊豆霊場振興会のサイトの通販で入手可。
全寺院の墨書が予め綴じられており(例:写真左)、訪問時ページ上に朱印を頂きます。

このサイトには伊豆の「お遍路」の由来,各寺の住所と連絡先,納経の作法,宿泊先,バスを乗り継ぐモデルルート,グッズの通販といった情報が見やすく整理されています。                        ⇒以上閲覧先:伊豆88遍路 | 伊豆にもお遍路があるんです! (izu88.net)  (最終閲覧日2021年5月27日)

「お遍路」の作法もサイトの中で紹介されています。それによるとお寺での流れは,大まかに以下の通りになります。

  • 一礼して入門 ⇒ ②(あれば)手水場で手を洗い ⇒ ③(あれば)線香3本を上げる ⇒ ④ お賽銭,お札を納める ⇒ ⑤納経帳に朱印を頂き奉納料(300円)を納める ⇒ ⑥ 般若心経をその場で唱えるか,写経したものを納める ⇒ ⑦一礼して門をでる。 

上の流れのうち,あまり馴染みがないのは,④の「お札(ふだ)」,そして⑥の「写経」を納めるという所作でなないでしょうか。

まず,「お札」は「自分がお参りに来ました」という申告書のようなものです。札所(ふだしょ)とはお遍路する人が参拝するお寺の事で、1番札所、2番札所などと言います。ちなみに昔のお札は銅板や木板だったらしく,それをお寺の境内に釘で打ちつけたことから札所に行くことを「打つ」というのだそうです。「1番札所を打つ」,「順打ち」(札所番号順に回る),「逆打ち」(逆回りをする),「区切り打ち」(回を分けて巡る)などの用法があります。(注)

  • 注1)そういえば童謡「通りゃんせ」の中に「この子の七つのお祝いに,お札を納めにまいります」という一節がありますが,私はこの歳になって初めてその意味を理解しました。
  • 注2)なお,アキバ系のオタクカルチャーに,アイドル等の楽曲に乗り集団でサイリウムやペンライトを振って踊る「ヲタ芸」というジャンルがあります。このパフォーマンスを「ヲタ芸を『打つ』」,またパフォーマーのことを『打ち師』と呼びます。「推し」のアイドルや声優のライブめがけ全国隅々まで参戦してヲタ芸を打つ「巡礼」の旅…は彼らにとってまあ信仰に近い行為といってもよいのですが,お遍路との関係は全く不明です。)

次に「写経」です。「写経」は今ではカルチャー講座などで書道の練習やマインドフルネスの一環でとりあつかわれることが多いですが,もともと昔からお経を書き写す行為は,心願成就をはかる信仰の一部として行われてきました。お遍路では予め写経したものをお寺に納めるか,お寺で読み上げることが作法の一部とされているようです(普通は般若心経)。いずれにせよ,お参りには(写経して納めるにせよ,その場で読むにせよ)お経が必要になるわけです。もちろん,すべて暗記して暗唱できれば何も持っていく必要はありません。

ネットで探してみたら両方ともPDF化されたものがありました。便利ですね。特に伊豆の札所に特化したお札までクリックひとつでダウンロードできるのにはいたく感動しました。

ダウンロードしたお札(左下)と般若心経(右上)         お札は一枚づつ切り取って訪問時に納札箱(なければ賽銭箱)に入れます。ちなみにお札にある「同行二人」は、お遍路さんの旅には常に弘法大師が寄り添っている、という意味です。              
ダウンロード元:お遍路用品 巡礼用品 信頼の表装 | 札所0番 (yushodo.com)  (最終閲覧日2021年5月27日)

さらには伊豆霊場振興会は修善寺に札所0番という「お遍路」案内所も開設しており,現地で各種情報を提供しているということでした。                 ⇒参照元:伊豆霊場振興会(札所0番)の営業時間・場所・地図等の情報 | まっぷるトラベルガイド (mapple.net) (最終閲覧日2021年5月28日)

                                        

これでひととおりの予備知識と準備は完了。あとは現地を実際に訪れてWalk to Walk, 実行あるのみ!

上、私の知る限りでの「お遍路」の知識と準備をご紹介してきました。もし間違いなどあれば教えていただければ幸いです。なお、お参りの移動方法は歩きでも,自転車でも,車でも,電車やバスを乗り継いでもOK。もちろん全部を一度に回る必要はありません。例えば前回投稿の時に訪問した貸自転車屋さんizu velo(izu vélo(いずベロ)|伊豆市修善寺のレンタサイクル (izuvelo.com))の後藤さんに聞いたところでは,「修善寺を起点にして電動サイクルなら1日で5ヶ所(1番から5番)くらいは行けるのではないか」とアドバイスをいただきました。

おわりに- 

,いうことで今日はこのへんで。

この記事をご覧いただいて,少しでも伊豆の「お遍路」に興味を持ってくれた方,訪れてみたいな,という方がいたならば幸いです。ぜひご一緒に参りましょう。                                 次回は実際に訪れてみた伊豆のお遍路の「いま」とそこから見えてくる課題,そして「これから」について皆さんと考えてみたいと思います。

東京在住。ロードバイク&峠が大好物のホビーレーサー。伊豆は自転車乗りの聖地です。心臓破りの坂から美味しいもの目当てのポタリングまで、自転車を通じた伊豆の魅力を幅広く体験・レポートできればと思います。

ちゃりおんをフォローする
IZU LIFE JOURNAL

コメント

タイトルとURLをコピーしました