伊豆市未分類読みもの

かんな屑リース作り

伊豆市

先日、本サイトの編集長からお届け物が届きました!

ワクワクしながら中を開けてみると・・・

きゃー!かつおぶし!と思ったら、実は、かんな屑を使った「手作りリースセット」!!!  おうちで自分で作れるキットです。

かつおぶしみたいにヒラヒラしているのは「かんな屑」で、送付用のクッション材として使っているみたい。この箱の中にキットが入ってます。                            箱を開けたら木の香りがほんのり漂いました☺ あー、これだけで癒される・・・ さっそくリースを作ってみました!

1 手作りリースセットのご紹介

手作りリースセットは「kine kine」さんの商品。中伊豆にある工務店(株)KINEYAさんが住宅の施工等を行う際に出る木材の「かんな屑」を使ってオーナメントやブーケなど様々なアート作品を作っているようで、手作りリースセットは、その1つ。

(株)KINEYAさんでは、天城・中伊豆産の質の良いスギやヒノキを使っているとのこと。「かんな屑」といっても、きっと良いものなんだろうなー☺

ちなみに、静岡県は県土の64%を森林が占めているよう。古くからスギ、ヒノキを主体にした人工造林が行われていて、各地に立派な森林が造成されているみたいです。

通常だったら捨ててしまう「かんな屑」をアップサイクルして誰かに届ける。ステキですね!

2 リースを作ってみる!

さっそく手作りリースセットを開けてみると・・・

リースの土台と、かんな屑で作ったバラのお花が10個ぐらい入ってます!

かんな屑がこんなにキレイなバラになるなんて!(感動!)

他にも、リボンの形にしたものや、グリーンの葉っぱなんかも入ってます。きゃー、かわいい!!テンションが上がります!

よし、作るぞ!と思ったのですが、リースを作ったこともないし、センスもない私・・・。どうしようかなーと思いながらkine kineさんのインスタを見てみたら、ステキな作品がたくさん載っていて、リースもありました!

kine kineさんインスタグラムより

よし、これを見本にしよう!

リース(土台)にバラのお花やリボンをどんどん付けていきます。ボンドを使うのもなーと思い、家にあった糸を使って1個ずつ場所を決めて、くっつけていきました。

久しぶりの大人の工作。楽しい!!!

どんどんできあがっていきます。

バラのお花の裏側はこんな感じになっています。

kine kineさんが丁寧に作ってくれたんだろうなー。温かみが伝わってきます。

作り始めて1時間半。いよいよ完成!!

かわいくできました!テンションが上がります!!

不器用でkine kineさんの見本みたいには出来上がっていないですが、自分で作ったリースは愛着が沸きます。もしかして私、センス良い?!など勘違いもできて、さらに気分がアップ(笑)。

どこに飾ろう。。。

壁もいいけど、窓辺もステキ。。。

3 家で感じる「伊豆の丁寧な暮らし」

さっそくかんな屑リースを部屋に飾って生活しています。身近に「木」が感じられると気持ちが和むなーと思いました。

かんな屑リースは、ほんのり木の香りがするだけでなく、消臭・調湿にも役立つみたい。そして、ドライフラワーみたいに「重ね行く時」も楽しめるようです。オトナな感じですね。女子力もアップした気分!(笑)

贈り物に「ショップカード」が入っていました。画用紙を使って自家印刷し、1枚1枚手作業で切り抜いて作っているとのこと。手作りって良いですね。

kine kineさんのおかげで、身近に「伊豆の丁寧な暮らし」が感じられるようになりました。おうち時間が増えたので、家でこういう温かい気持ちになれるのは良いですね!リースにアロマオイルを垂らしても良いようなので、これからいろいろ楽しめそうです!

kine kineさんのインスタグラムには、他にもステキな作品の写真がたくさんあったので、ぜひ、ご覧いただければと思います。木のぬくもりが感じられます!

kine kine さんのインスタグラム 

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.


いずみん

普段は東京で働く公務員。伊豆はまだ初心者ですが、きれいな自然や季節の花、のんびりできる時間に癒されています。手作りのもの、丁寧な暮らしなど、心が豊かになる伊豆の魅力を発信していきたいです。

いずみんをフォローする
IZU LIFE JOURNAL

コメント

タイトルとURLをコピーしました