読みもの

伊豆市

データから見る修善寺の魅力

こんにちは、ライターのかなやんです。私は、ライターでは数少ない関西圏に在住しております。私にできることとして考えているのが、関西圏から修善寺の魅力を発信することです。今回は、こう考えるに至ったきっかけ、そして題名『データから見る修善寺の魅...
熱海市

熱海の夜空に打ち上がる希望の華

 熱海海上花火大会は、春季・夏季を中心に、秋季や冬季の数回も加え、年に合計10回以上開催されます。しかし、令和2年度、新型コロナウィルスの影響で4月18日(土)に開催中止を余儀なくされました。その後も5月、6月、7月と中止が続きます。この...
伊豆市

データから見る伊豆市の特徴

こんにちは。モトキです。 早いものでもう6月です。関東は梅雨入り宣言がされました。今年の夏は暑くなるそうですので、熱中症には気を付けて過ごしましょう。 今回は【データから見る伊豆市】というテーマで少しお話ししたいと思い...
伊豆市

サイクリング初心者には修善寺がオススメ

こんにちは。モトキです。昨年の2月からプロジェクトメンバーとして参加しています。これから、修善寺の魅力を少しでも伝えていけたらと思います。よろしくお願いします。 今回は修善寺の魅力の1つである自転車について、少しお話をしたい...
伊豆市

町と町を繋ぐ伊豆松崎組の人力車

 伊豆で唯一の人力車「人力車松崎組」は、車夫(しゃふ)の島川誠さんが修善寺と松崎町で人力車を走らせています。島川さんは町と町のつなぎ役を目指しています。  長い間、松崎町と修善寺には定期的に人力車の運行を担う車夫がいませんでした。し...
伊豆市

伝統の修善寺和紙の復活を目指す 紙谷和紙工房の挑戦

修善寺温泉街を流れる桂川沿いに少し上流に行くと、紙谷地区があります。「紙の谷」という地名が示すようにここは紙漉きの里です。修善寺和紙の発祥はこの地区であるといわれていて、「修善寺和紙発祥の碑」が建っています。今回、訪問させていただいた紙谷和紙工房は、碑の向かい側にありました。
伊豆市

かぜとつち、伊豆の正藍染 その3

 様々な出会いと経験によって、自分の道を模索していた南馬さん。正藍染に出会い修行がはじまったと語っています。      ―現在の事業についても教えていただけますか  日本古来から綿々と受け継がれてきた正藍染...
伊豆市

かぜとつち、伊豆の正藍染 その2

 染色について探求していた南馬さんは、小森さん、益久染織研究所、前田雨城さん、森本喜久男さんの出会いによって、染色に対する考えだけではなく、人生観までもが変わっていったと言います。。      ―森本さんとはどの...
伊豆市

かぜとつち、伊豆の正藍染

かぜとつち、伊豆の正藍染    静岡県伊豆市、伊豆半島の真ん中あたり、豊かな山と美しい水とともに暮らす 「かぜつち模様染工舎」の南馬久志さん、南馬絵理さんご夫婦にお話を伺いました。     ...
伊豆市

狩野川を眺めながらビールを楽しむ。

2020年11月の初旬に、ビールのお祭りに参加してきました。 お祭りの名前は「ベアードビール収穫祭 Harvest Fest 2020」。修善寺に本社を置くベアードビールさんが開催するビールのお祭りです。
タイトルとURLをコピーしました